VANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.〜不条理環境

「ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q」を観た。

冒頭の数分感が公開されたときは、「ついに来た!」と思っていたが、実際に公開されたものを見ると観客にも、シンジくんにもちゃんとした説明はしてくれず、ヒントさえ与えてくれない、不条理空間が展開されていたのでした。目を覚まし、誰も何も説明しないで、答えなんて出せるわけがないじゃなうか。わかったことといえばトウジの妹サクラが可愛く成長してるだけで、自分達のWILLE(ヴィレ)の説明さえしてくれないなんて、死力を尽くし綾波を助けた(と思っている)シンジにわかるわけがない。ネルフにいても、妙に距離の近い少年だけが話し相手で実のある内容は、韜晦されてしまうだけ。忘れがちですが14歳の少年少女の物語なので、大人がいてもアレだからいない方がマシなのかもしれない。

真実を教えようかと言われ、ついていくと何やら自分が過去に行った結果で地球が滅びかけている様子を示されるだけで、知りたい真実は謎の、闇の中、エヴァに乗って贖罪と言われても、自覚のできない罪は払うことは出来はしない。しかし、動き回る最後の予告編を頼りにして、僕はリハビリを頑張れたので、エヴァには感謝しかないのです。

f:id:ikuzuss:20220101164704j:plain

VANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.

 

Absurdity Situation

 

 

open.spotify.com

【追記】僕はイスラエル博物館でノンフィクションの死海文書館に行きましたが、ボロボロの資料があるだけでした。

【追記】2一時期ピアノ鍵盤のCGだけの予告編がありましたね。

 

ikuzuss.hatenablog.com