AVATOR〜身体と精神の拡張

「アヴァター」を観た。劇場で見たときは3Dと惑星パンドラの異世界の驚きに圧倒されたが、今は見方が変わってしまった。特に初めてアヴァターにリンクしてその身体を自由に扱えることを知った主人公ジェイクが喜びのあまり、ふらつく体で駆け出すときは私も夢の中で繰り返し望み感じた感覚と同じもののようだと感じる。話としてはSF版「Dance with wolves」なのでアメリカ人のネイティブ・アメリカン(数年前はインディアンと呼んでたけど)に対する贖罪の重さを感じる。また、アヴァターシステムの精神の拡張性にも興味を感じた。例えばロングシュートが決められたとき(決めたことはないけど)に心が自由を感じるように逆に身体の不自由性は、心も閉じ込めてしまうだろう。それはちょうど攻殻機動隊のテーマの一つである、義体に魂は宿るのかというものにも似ていると感じるのである。今では阪神麻痺のkサラダに慣れたけど、昔はよく夢現のまま装具も履かずに歩こうとして転倒をして肋骨を骨折するところだったりした。

f:id:ikuzuss:20211028151408j:plain

Avator

#白猫独りロードショー【追記】今では、もっと酷いことになる可能性もあったと考えてメンタルの安定ははksられている、