U-NEXT

At the End of the Tunnel〜地下に蠢く奴ら

「エンド・オブ・トンネル」を観た。とある一軒家に住む車椅子のところに入居希望者の母娘が訪れる。家の地下には犯罪組織が銀行へのトンネルを掘り進めていた。果たして彼はどうするのであろう。明言はしてないが、庭先の事故で妻子を亡くし、自分も車椅子…

GOLDEN KAMUI[2nd season]〜蝦夷地第乱戦

「ゴールデンカムイ 第二期」をみた。北海道を舞台に走り回った物語も杉元の負傷によりひと段落。そしてアイヌの黄金をめぐって舞台はさらに北上。樺太に移る冒険譚。まだまだ不死身の男と青い瞳の少女の冒険は続くのであった。#白猫独りロードショー GOLDE…

GOLDEN KAMUI[1st season]〜不死の男とアイヌの少女

「ゴールデンカムイ」を観た。日露戦争の生き残り不死身の男杉元と青い眼をしたアイヌの娘アシリパが手を組んだ先にはアイヌの財宝と手掛かりの刺青人皮をめぐる冒険が待っていた。そこに群がる第七師団、五稜郭の亡霊・土方歳三、そして北海道の大自然が一…

Blade of the Immortal〜ダイハードな天命

「無限の住人」を観た。ハードボイルドな時代劇である。死ねない男をめぐる時代を超えた物語。でも、よくぞ原作漫画のタッチを残してアニメ化したと褒めてあげたい。無茶苦茶な時代劇だけど、殺陣をこれほど描けた作品もないだろう。#白猫独りロードショー …

lose Encounters of the Third Kind〜稀人は音楽とともに

「未知との遭遇 ファイナルカット版」を観た。テレビやDVDで何度も観た映画だけど、やはりこの作品はスティーブン・スピルバーグの一つの原点。その後の作品にも共通する要素が垣間見える。まさに「Do't Think feel it」な映画。未確認飛行物体と偶然出会っ…

Your LIe inApril〜カラフルな彼女とモノクロームだった彼

「四月は君の嘘」を観た。音楽で語り合う少年と少女の物語。これは、悲劇なのだろうか?いや、これは魂を研磨し続けながら上昇していく人種だけに許された会話の物語。たとえ死の影が見え隠れしながらも、母が息子を、少女が少年を愛する物語。タイトルの謎…

Young Guns〜若き開拓者

「ヤングガン」を観た。僕の記憶違いじゃなければ、この映画はロードショーの劇場で観た。当時の勢いのある若手俳優をずらりと並べた、ビリー・ザ・キッドを描いた映画。でも今見ると正直可もなく不可もなく、思い出せるシーンもチャベスことルー・ダイアモ…

District 9〜醜悪な宇宙人にも五分の魂。

「第9地区」を観た。この映画は、是非世界中の人権を語り行動する人に見てもらいたい。そして、その上で、人権というものについて議論を交わして欲しい。単にそこにいるだけで、難民扱い、邪魔者扱いをする人類に語るべき人権は存在するのだろうか?製作関係…

DARKER THAN BLACK[Black [OUTSIDE STORY]〜闇の放浪者

「DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 外伝」を観た。第一章と第二章の間を埋めるエピソード。銀の進化が「イザナミ」へと促されていく。そして、謎を孕んだまま双子の章に‥‥#白猫独りロードショー DARKER THAN BLACK[Black [OUTSIDE STORY] open.spotify.com …

Re: Life in a Different World from Zero[2nd season]〜二期絶賛メイド増量中

「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season」を観た。世界は「ボーイ・ミーツ・ガールズ」で満ちている。そして「約束」も「誓約」も破るために交わされるのではなく「果たそうと努力すること」で交わされる。そんないくつもの約束の物語。#白猫独りロード…

LEON [INTERGRAL VERSION]〜寡黙なイタリアンヒットマンと妖精の出逢い

「レオン 完全版」を観た。少女は言った。私が欲しいのは「愛」か「死」だと。たまたま隣室で起きた殺人事件に巻き込まれたイタリア系の殺し屋レオンと弟の仇を討たんとする少女マチルダ。二人の硝煙と愛で研いだ愛の物語。最後には【ネタバレ】宿敵スタンと…

Mission: Impossible〜諜報活動も技術革新とともに

「ミッション:インポッシブル」を観た。往年のテレビシリーズ「スパイ大作戦」のリメイク第一作である。この時点ではトム・クルーズが主演であることしか決まってないとしか思えない節がある。その後のヒットでトムのスタントなしのアクションが売りとなる…

Red Riding Hood〜深き森と人狼

「赤ずきん」を観た。例え、日本狼が絶滅していなくとも、「深い森」のない日本には狼に対する恐怖は生まれなかっただろう。逆に日本では狼は犬神として信仰の対象で、ヨーロッパの狼に対する恐怖も多分にキリスト教徒との関連深く、魔女や土俗の神に対する…

Misery〜狂信者の福音書

「ミザリー」を観た。小説・音楽・絵画。世の中にはさまざまな創作物に満ちている。 しかし、感情移入が激しいのは「小説」かも知れない。読者も魂を込めるように読み込むからである。そこには著者と読者の共同作業のように「一つの世界」ができるからである…

DARKER THAN BLACK[Black Painted Contractor]〜能力者の流星

「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」を観た。ハードボイルドである。能力を使うと「対価」と呼ばれる奇妙な行動をt羅なければいけない契約者。もし僕が契約者となったらどんな「対価」を払うのだろう。苦手なマヨネーズやチーズを貪り食うくらいだったらいい…

Re: Life in a Different World from Zero[Memory Snow]〜メイドに二度寝は厳禁です。

「Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow」を観た。殺伐とした本編と違うホンワカした、コメディカルスピンオフムービー。#白猫独りロードショー Re: Life in a Different World from Zero[Memory Snow] open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzus…

WASABI〜東京の娘悪魔

「WASABI」を観た。僕は自他共に認める天邪鬼である。だから、全盛期の広末涼子はちょっと苦手だった。でも、最近の彼女を観ると、悪くないというか、いいんじゃないかと思ってしまう。きっとあの頃の広末のガキっぽさが苦手だったんだろう。#白猫独りロー…

CHAPPiE〜南アフリカは、そんなにお嫌いですか?

「チャッピー」を観た。日本の空想ロボット史上では鉄腕アトム(自立型)と鉄人28号(リモコン型)という二つのスタイルがあった。それをこのチャッピーは自立型の殻を破り、攻殻機動隊の草薙少佐でさえ解明できなかった人間のゴースト(精神)を解明しただ…

flying witch〜魔女にクロネコとホウキはセットです。

「ふらいんぐうぃっち」を観た。自然豊かな青森・弘前を舞台に新人魔女木幡マコトを中心としたSF(少し不思議)な物語。弘前なのでねぷた祭もフォローしています。#白猫独りロードショー flying witch open.spotify.com ikuzuss.hatenablog.com ikuzuss.hat…

Pan's Labyrinth〜地下迷宮の王国と戦下の幻夢

「パンズ・ラビリンス」を観た。この物語は、偶然遺構を見かけた少女の想像の産物か、愛する母の出産と戦時下のストレスによる逃避の妄想のどちらなのだろう。どちらにしても少女の感じ、体験したことはグロテスクなまでに幻想的な尊き物語だと思われる。最…

The Saga of Tanya the Evil〜軍隊でもブラック

「幼女戦記」を観た。無神論者の冷静沈着冷酷無比なエリートサラリーマンが大戦前夜の某帝国に似た異世界に女の子として転生したら、一体帝国はどういう道を辿るのかというシミュレーションのような作品。能力至上主義でハイスペックな少女は帝国でどういう…

housekeeping book of SAMURAI〜百万石之算盤侍

「武士の家計簿」を観た。「芸は身を助く」という言葉がある。さしずめ主人公猪山は「算盤」で身を助けたようなものかも知れないが、古物商に武士の命「刀」を売ろうとする猪山を嗜める古物商に胸を張って「算盤が我が家の命」と胸を張る猪山直之には見栄を…

conversation & conversation〜お囃子に集う

「しゃべれども しゃべれども」を観た。僕は、一時期柄にもなく、大学や専門学校で非常勤講師をしていた。そのときにわかったのは、人に教えることは人に教わることであるということであった。もちろん、自治らはプロだから知識や経験は上だけど、教えること…

Re: Life in a Different World from Zero〜はじまりはギザ十から

「Re:ゼロから始める異世界生活」を観た。この物語の最大の謎は、ナツキ・スバルの死に戻しなどではなく、次から次へと降りかかる絶望を耐え忍び時には死を乗り越えても解決していく彼のような強い精神を持った男が、現代において引きこもり続けていることか…

Re: Life in a Different World from Zero[freezing bond]〜契約の契り

「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」を観た。嫉妬の魔女に酷似したハーフ・エルフの美少女エミリアと猫型精霊パックの出会いを描く本編の前日譚。「溶けない氷はない」そんな言葉の似合う寂しかった孤独な少女白い森の物語。#白猫独りロードショー Re…

UPGRADE〜不可逆(DOWNGADE)なぼく

「アップグレード」を観た。最初に断っておきます。ここにこれから記すのはあくまで僕の個人的な意見であり、「障害者」という一括りの人々の意見ではないことを明言しておきたいと思う。おそらく、映画制作者の意図は小さなチップに全身を支配される全身麻…

Jumper〜アナキン・ワールド・ジャンパー

「ジャンパー」を観た。「憎まれっ子世に憚る」という諺がある。主人公デヴィッドが憎まれているかはわからないけれど、謎の組織パラディンに追われているのは間違いない。突然特別な能力が目覚めた者の常で、ついヤンチャに振る舞ってしまう。さて、デヴィ…

HAIKYU!!OAD [SPECIAL YOUTH for SPRIMG VOLLYBALL]〜ローカル局の使命

『ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校 OAD「特集!春高バレーに賭けた青春」』を観た。地方テレビ局がドキュメントを作るとこうなるというある意味すごい名作。焦点が烏野ではなく青葉城西の及川に絞られているのも、地元の需要がわかっている証拠。きっ…

KAMIKAZE GIRLS〜ロココなキャベツに囲まれて

「下妻物語」を観た。偉い先生は言った。「日本文化の根底にはヤンキー文化が流れていると」そんな文化論が関係あるかも知れないし、関係あるかも知れないが、茨城の純な乙女の友情の物語でした。#白猫独りロードショー KAMIKAZE GIRLS open.spotify.com ik…

HAIKYU!![KARASUNO HIGH SCHOOLvsHIRATORIZAWA HIGH SCHOOL ]〜コンクリートからの逆襲

「ハイキュー!! 烏野高校vs白鳥沢学園高校」を観た。決勝戦終盤で鵜飼コーチは叫んだ「バレーは常に上を向くスポーツ」と。初の5セットマッチで苦しい選手は気力を奮い立ち上がる。常に頂きを目指して。そして、全国へ#白猫独りロードショー HAIKYU!![KARAS…